生成AIシンポ 孫正義社長らが日本の開発投資の重要性を強調

自動で文章などを作る生成AIをテーマにしたシンポジウムが都内で開かれ、ソフトバンクグループの孫正義社長とChatGPTを開発したアメリカの企業の幹部が日本での開発投資の重要性を強調しました。

生成AIをテーマに東京大学で開かれたシンポジウムには、ソフトバンクグループの孫正義社長と、ChatGPTを開発したアメリカの企業、オープンAIの開発担当、シェイン・グウ氏らが出席しました。

この中で孫社長は、日本の開発投資のあり方について「あんまりちまちましたことを言っていると、あっというまに日本は取り残されてしまう。ガラケーになってはいけないとひと言、苦言を申し上げておきたい。真正面から日本はいまこそAIに最大限に取り組むべきだ」と述べました。

また、オープンAIのシェイン・グウ氏は、日本の成長性について、アメリカの本社以外で唯一、日本に地域担当の幹部を置いていることを紹介したうえで「積極性と慎重さのバランスにおいて、すでに世界の信頼を獲得しており、とても期待している。どういう風に日本の人材と海外をつなげていくかが重要だ」と述べ、生成AIの開発を進めるにあたって日本への期待を示しました。

ソフトバンクG 孫正義社長「あらゆることをやります」

シンポジウムのあとソフトバンクグループの孫正義社長は記者団に対し、生成AIを開発投資について「あらゆることをやります。もう真っ正面からいきます」と述べました。

また、オープンAIのサム・アルトマンCEOとの間で協業の検討を進めていることについて問われると、「いろいろと考えています」と答えました。