大阪・関西万博の入場料決定 会期中販売1日券は大人7500円など

再来年に開かれる大阪・関西万博の入場料について、会期中に販売される1日券は、大人7500円とすることなどが正式に決定されました。

大阪・関西万博の入場料について政府は30日、「国際博覧会推進本部」を持ち回りで開き、さきに実施主体の博覧会協会が決めた方針を正式に決定しました。

それによりますと、会期中に販売される1日券は、
▽大人7500円、
▽12歳以上17歳以下は4200円、
▽4歳以上11歳以下は1800円で、
▽3歳以下は無料となっています。

一方、
▽平日券は大人6000円、
▽夜間券は大人3700円などと、1日券よりも安く、政府と博覧会協会は混雑の緩和につなげたい考えです。

また、複数回入場できるパスや、修学旅行などの団体割引も設けられています。

さらに、ことし中にも販売が始まる前売券は、
▽1日券が大人6000円、
▽開幕から3か月ほど使える前期券が大人5000円、
▽開幕から2週間使える開幕券が大人4000円などとなっています。

政府と博覧会協会は、できるだけ多くの来場者を確保したい考えです。