広域強盗事件 指示役幹部に強奪の腕時計届けられていたか

一連の広域強盗事件のうち、去年京都市で高級腕時計が奪われた事件で、「ルフィ」などと名乗って指示を出していたとして、フィリピンを拠点にした特殊詐欺グループの幹部が逮捕された事件で、奪われた腕時計の一部が当時フィリピンにいた幹部に届けられていた疑いのあることが、捜査関係者への取材で分かりました。

フィリピンを拠点にした特殊詐欺グループの幹部、今村磨人容疑者(39)は、一連の広域強盗のうち、去年5月に京都市の時計販売店から7000万円相当の高級腕時計が奪われた事件で実行役らに指示を出していたとして、29日、強盗の疑いで警視庁に逮捕されました。

当時、収容されていたフィリピンの入管施設から「ルフィ」と名乗って携帯電話で一連の指示を出していたとみられるということです。

奪われた腕時計41点は、その後、複数の人物によって都内で売りさばかれるなどして、これまでに26点が押収されたということです。

その後の調べで、押収されなかった腕時計の一部がフィリピンに送られ、今村容疑者に届けられていた疑いのあることが捜査関係者への取材で新たに分かりました。

周辺の人物の証言などから、届けられた腕時計は数本で、今村容疑者から現地の知人女性などに渡ったほか、フィリピンでも売りさばかれた可能性があるということです。

当時、今村容疑者のもとには、日本から現金が振り込まれていたことも確認されていて、警視庁は、容疑者が国外から遠隔で指示を出した上、現金や被害品を届けさせていたとみて指示系統の解明を進めています。