去年 認知症などの行方不明者 全国で延べ1万8700人余 過去最多

認知症やその疑いがあり、行方不明になった人は去年、全国で延べ1万8700人余りと、これまでで最も多くなったことが警察庁のまとめで分かりました。統計を取り始めた2012年のおよそ2倍に増えていて、警察庁は行方不明者を早期に発見するため、自治体などとの連携を進めることにしています。

警察庁によりますと、認知症やその疑いがあり、はいかいなどで行方不明になったとして去年、届け出があったのは前の年より1073人多い延べ1万8709人で、これまでで最も多くなっています。

統計を取り始めた2012年から毎年増え続けていて、10年間でおよそ2倍になっています。

また、過去に届け出があり、去年1年間に死亡が確認された人は491人に上っていて、歩き回っているうちに交通事故に遭うケースもあるということです。

全国の一部の自治体では、家族の同意を得て認知症やその疑いがある人に、GPSが付いている機器を持たせたり、自治体の連絡先などを示す「QRコード」を服に貼るなどの対策も行われていて、警察庁は行方不明者を早期に発見するため、自治体などとの連携を進めることにしています。