中古住宅改修 建て替えよりCO2排出量大幅削減 大学などが研究

脱炭素社会への対応が課題となる中、中古住宅を取り壊して建て替えるより、省エネ性能を高める改修工事を行った方が二酸化炭素の排出量を大幅に抑えられたという研究結果を大学や不動産会社がまとめました。

この研究は、東京大学と武蔵野大学が大手不動産会社の協力を得て実施したもので、木造の中古住宅を取り壊して新築に建て替えた場合と、省エネ性能を高める改修工事を行った場合について建て替えや改修に伴って排出される二酸化炭素の量を比較しました。

その結果、新築に建て替えた場合より改修工事を行った方が二酸化炭素の排出量を半分程度に抑えることができたということです。

中古住宅の改修にあたっては、廃材などを処理する過程で二酸化炭素が排出されますが、柱や基礎部分などを再利用することで結果として排出量が少なくなったとしています。

研究を行った東京大学大学院の清家剛教授は「暮らしの中で排出量をゼロに近づけようという取り組みは進んできたが、建設時に排出される二酸化炭素をもっと減らすべきだという動きも出てきた。こうした研究を積み重ね、国の政策にも反映できるようにしたい」と話しています。