自民 茂木幹事長 “衆院選勝利へ 政策面・党運営改革進める”

与野党が、秋の臨時国会での衆議院の解散も見据える中、自民党の茂木幹事長は千葉市で講演し、政策面や党運営の改革を進め、次の衆議院選挙の勝利につなげたいという考えを強調しました。

この中で、自民党の茂木幹事長は16日、立憲民主党が提出した岸田内閣に対する不信任決議案が否決されたことについて「与党はもちろん、多くの野党も反対に回り、圧倒的多数で否決できた」と述べました。

そのうえで「先送りできない内外の課題の解決や政策の推進に最優先で取り組み、一つ一つ答えを出すことで国民の期待に応えていきたい。自民党は、保守政党であると同時に、政策面でも党運営でも一番の改革政党でなければならない。それが、いずれやってくる衆議院選挙での勝利につながる」と強調しました。