世界遺産 熊野那智大社で「紫陽花祭」無病息災を祈る 和歌山

和歌山県那智勝浦町の世界遺産、熊野那智大社で、あじさいを供えて無病息災を祈る「紫陽花祭」が行われました。

熊野那智大社は、境内に植えられているおよそ2000株のあじさいが見頃を迎えるこの時期に毎年、無病息災を祈る「紫陽花祭」を行っています。

14日は神社の拝殿に青や紫色の色鮮やかなあじさいが供えられたあと、宮司が祝詞をあげて無病息災を祈りました。

そして、あじさいの枝を持った2人のみこが笛や太鼓に合わせて舞を奉納しました。

熊野那智大社の男成洋三宮司は「お参りの方々をはじめとしたみなさまの健康や幸せを祈りました。訪れた方には美しいあじさいを楽しんでいただきたい」と話していました。

また、神社の境内では訪れた人たちがあじさいの写真を撮るなどして楽しんでいました。

千葉県から訪れた70代の女性は、「こんなにきれいなあじさいが見られてラッキーでした」と話していました。

熊野那智大社のあじさいは今月いっぱい楽しめるということです。