“学術会議のあり方検討” 新たに懇談会設置へ 経済再生相

日本学術会議のあり方をめぐり、後藤経済再生担当大臣は、求められる機能やふさわしい組織体系などを改めて検討したいとして、みずからのもとに新たに有識者懇談会を設けることを明らかにしました。

日本学術会議をめぐって政府は、会員の選考に関与する第三者委員会の設置などを盛り込んだ法律の改正案を今の国会に提出する方針でしたが、会議側が「独立性が損なわれる」と反対したことなどを踏まえ、提出を見送りました。

これを受けて、会議を所管する後藤経済再生担当大臣は記者会見で「私のもとで有識者懇談会を開催し、学術会議に求められる機能やふさわしい組織体系のあり方などについて検討したい。できるだけ速やかに立ち上げて丁寧に議論し、早期に結論を得たい」と述べました。

今後、有識者の人選などを進め、できるだけ早く初会合を開く方針です。