「オープンAI」のサム・アルトマンCEO 孫正義社長と事業を模索

対話式AI「ChatGPT」を開発したアメリカの企業「オープンAI」のサム・アルトマンCEOが来日し、ソフトバンクグループの孫正義社長と面会し、共同で事業を模索していることを明らかにしました。

日本を訪れている「オープンAI」のアルトマンCEOは12日、慶應義塾大学で学生との交流会に参加しました。

その後、記者団に対してソフトバンクグループの孫正義社長と面会していたと述べました。

そして「ソフトバンクとの協議はまだ始まったばかりだが、一緒に何ができるかを検討しているところだ。彼とは長らくの友人だ」と話し、ソフトバンクグループと共同で事業を模索していることを明らかにしました。

ソフトバンクグループは、傘下の投資ファンドでAI関連の新興企業などへの投資を進めてきたほか、ことし3月には、生成AIの本格的な活用を目指して新会社を設立しています。

アルトマンCEOはことし4月に日本を訪れ、岸田総理大臣と面会しました。

今回の来日はそれ以来で、短い期間に2回も日本を訪れています。

アルトマン氏は複数の企業関係者たちと面談したと説明し「ChatGPTの技術を使って企業側がわれわれに何をしてほしいのか、また規制の方法について知ることができた」と述べるとともに、日本進出について「具体的に公表できるものはないが期待している」と話していました。