ウクライナ国防相 “ロシアのミサイルすべて迎撃” 対抗に自信

ウクライナ軍は、首都キーウなどを標的に、16日にロシア軍が集中的に発射したミサイル18発をすべて迎撃したと発表しました。ロシアが極超音速ミサイルだとするミサイル6発も含まれていたとして、レズニコフ国防相は欧米から供与される兵器で対抗できると自信を示しました。

ウクライナでは16日、首都キーウなど各地で、ロシア軍が集中的にミサイル攻撃を行いました。

これについて、ウクライナ軍の参謀本部は、発射された18発のミサイルはすべて迎撃したと発表し、ロシア側が極超音速ミサイルだとする「キンジャール」6発も含まれていたとしています。

ウクライナのレズニコフ国防相はSNSに「再び信じられない成功を収めた」と投稿し、欧米から供与される兵器で対抗できると自信を示しました。

ウクライナ空軍は当初、「キンジャール」の迎撃は極めて困難だとしていましたが、その後、初めて撃墜したと今月6日に発表していて、レズニコフ国防相はウクライナ側の防空能力の向上もアピールした形です。

一方、ロシア国防省は16日、「キンジャール」がキーウに配備された地対空ミサイルシステム「パトリオット」に命中したと発表しましたが、ウクライナ空軍の報道官は「コメントすることもない。放っておく」と地元メディアに述べています。

また、ウクライナ東部の激戦地バフムトをめぐり、ウクライナ陸軍のシルスキー司令官は、ロシアの民間軍事会社ワグネルの戦闘員を「わなにはまったネズミのようだ」と表現した上で、防衛作戦を続けながらも反撃に転じていくと部隊を鼓舞しました。

ウクライナのマリャル国防次官も16日、SNSで、バフムトの北と南の郊外で一部を奪還したと強調しながら「同時に敵は大砲で街を破壊し、正規軍の空てい部隊も投入している」と書き込み、依然として激しい攻防が続いていることを明らかにしました。