「京アニ」放火殺人事件 初公判9月5日 判決は来年1月25日に

4年前、「京都アニメーション」のスタジオが放火され、社員36人が死亡した事件で、殺人などの罪で起訴された青葉真司被告の裁判員裁判の初公判が、ことし9月5日に開かれ、判決が来年1月25日に言い渡されることになりました。

2019年7月、京都市伏見区にあった「京都アニメーション」の第1スタジオが放火され、社員36人が死亡、32人が重軽傷を負った事件では、青葉真司被告(44)が殺人や放火などの罪で起訴されています。

裁判員裁判を前に、今月8日から裁判所と検察、それに弁護側の三者が集まり、争点や証拠を絞り込む「公判前整理手続き」が始まり、京都地方裁判所は12日、裁判の日程を発表しました。

それによりますと、初公判は、ことし9月5日に開かれ、来年1月25日に判決を言い渡すということです。

公判は32回開かれる予定です。

検察は、被告を起訴する前に精神鑑定を行い、刑事責任を問えると判断しましたが、その後、弁護側の請求を受けて2度目の精神鑑定が行われました。

裁判では、2度の鑑定結果を踏まえて、刑事責任能力について争点になるとみられ、動機が解明されるのかも注目されます。

平成以降の殺人事件として最も多くの犠牲者が出たこの事件は、ことし7月に発生から4年となり、ようやく裁判が始まることになりました。

遺族「正直に話してほしい」

裁判の日程が決まったことについて、事件で亡くなったアニメーターの遺族は「被告には、自分が行ったことを法廷の場で正直に話してほしいです。ただ、どんな判決が言い渡されても、本人はもう帰ってこないので、悔しい気持ちだけが残ります」と話していました。

また、事件で亡くなった別のアニメーターの遺族は「傍聴に行く予定です。亡くなった人が帰ってくるわけではないけれど、何があったのかを知りたいです。公判を通して、事件が起きないようにするにはどうすればよかったのか、多くの人に考えてもらいたいです」と話していました。