東海道新幹線 自動運転の実証実験 終電後静岡を走る様子を公開

JR東海は東海道新幹線で自動運転の導入を目指していて、11日未明営業区間を実際の速度で走る実証試験の様子を初めて報道関係者に公開しました。

JR東海は東海道新幹線で速度制御や停車の操作を自動運転で行うことを目指しおととしから実証試験を行っています。

そして終電後の11日未明、自動運転の新幹線が実際の速度で静岡県内の営業区間を走る様子を初めて報道関係者に公開しました。

東海道新幹線では現在、運転士が駅からの出発をはじめ、加速や減速をする時にハンドルを手動で操作していますが、自動運転では出発時にボタンを押すだけで、その後、ハンドルを操作する必要はありません。

今回の実証試験では浜松駅を出発した新幹線が静岡駅のホームに停車した際、所定の停車位置とのずれが9ミリだったほか、到着時刻も予定より2秒早かっただけでした。

JR東海では自動運転を導入することで運転士の業務が減り、これまで車掌が担っていたホームの安全確認やドアの開閉も行えるようになり業務の効率化が期待できるとして5年後の2028年ごろからの導入を順次目指すとしています。

JR東海新幹線鉄道事業本部の辻村厚本部長は「試験でデータをためながら、どんな条件でも今回のような結果が得られるようブラッシュアップしてきたい」と話していました。