造船所に入り込んだクマ 捕獲後山へ放される 岩手 大槌町

2日、岩手県大槌町の海沿いにある造船所内にツキノワグマが出没し、3日夜遅くになって捕獲されました。

町は4日朝に、山に放しました。

2日、大槌町で造船所にツキノワグマ1頭が入り込み、住民が撮影した映像にはクマが海に落ちて泳いだり岸に上がろうとしたりする様子が映っていました。
クマは、3日に造船所から北に100メートルほど離れた場所にある側溝に移動し、そこから出てこなくなっていましたが、3日午後11時ごろ、獣医師が吹き矢で麻酔を打ち、その後ようやく捕獲されたということです。

町によりますと、クマは体長1メートル10センチのメスで、4日午前5時ごろ山に放したということです。

町や警察によりますと、このクマが人を襲うなどの被害は確認されていませんが、この時期は各地でクマの目撃情報などが寄せられていることから山に入る際などは十分注意するよう呼びかけています。