神奈川県知事選挙 黒岩祐治氏 4回目の当選

現職に新人3人が挑んだ神奈川県知事選挙は、自民党、公明党、国民民主党のいずれも県組織が推薦した現職の黒岩祐治氏が4回目の当選を果たしました。

神奈川県知事選挙の開票結果です。

黒岩祐治、無所属・現。当選。193万3753票。

岸牧子、無所属・新。65万1473票。

大津綾香、政治家女子・新。15万1361票。

加藤健一郎、無所属、新。12万3922票。

黒岩氏は、兵庫県出身の68歳。民放のニュースキャスターを経て、12年前の神奈川県知事選挙で初当選しました。

今回の神奈川県知事選挙は、4期目を目指した黒岩氏に新人3人が挑む構図となりました。

選挙戦で黒岩氏は、デジタルを活用した新型コロナ対策を国に先駆けて実現した実績を強調するとともに、子育て支援や防災といった分野でもデジタル化を進めるなどと訴えました。

黒岩氏は「デジタル革命が本格化するがその流れをいち早くキャッチしながらデジタル時代の新しい神奈川モデルを次々と発信していきたい」と述べました。

投票率は40.35%で、前回を0.07ポイント上回りました。