地震で被害「伊達政宗騎馬像」 修復終え記念の式典 仙台城跡

去年3月の地震で被害を受けた仙台市の「伊達政宗騎馬像」は修復を終え、31日、記念の式典が開かれました。

仙台市青葉区の仙台城跡に設置されている「伊達政宗騎馬像」は、去年3月に起きた宮城県と福島県で最大震度6強の揺れを観測した地震で、馬の左前足と右後ろ足が破損して像全体が傾く被害を受けました。

このため、去年7月から東京にある専門の工場で修復作業が行われ、今月22日にほぼ完了してもとの台座に戻されました。

31日は仙台城跡で記念の式典が開かれ、修復の最後の工程として、かぶとに三日月の装飾「弦月前立」を取り付ける作業が行われました。

東京で修復にあたった担当者が、作業車を使って高さおよそ9メートルの騎馬像に慎重に取り付け、もとの騎馬像が完成すると観光客などから拍手がおくられていました。

宮城県角田市から来た60代の男性は「この時を待っていました。シンボルの前立がつけられた瞬間は、胸があつくなりました」と話していました。