米原子力潜水艦 2030年代にオーストラリアに初配備の見通し

アメリカとイギリス、オーストラリアの3か国による安全保障の枠組み、AUKUSのもと、2030年代にアメリカ製の原子力潜水艦がオーストラリアに初めて配備される見通しになりました。アメリカのバイデン大統領など3か国の首脳が会合を開き、協力を進めていくことで一致しました。

アメリカのバイデン大統領とイギリスのスナク首相、それにオーストラリアのアルバニージー首相は13日、アメリカ海軍の基地があるアメリカ西部カリフォルニア州のサンディエゴで、3か国でつくるAUKUSの首脳会合を開きました。

AUKUSでは、海洋進出を続ける中国を念頭にオーストラリアに初めて原子力潜水艦を配備することで合意していて、共同記者発表に臨んだバイデン大統領は「最大の目標は急速に変化する世界情勢の中でインド太平洋地域の安定性を高めることだ」と述べて、協力を強化していくと強調しました。

首脳らは具体的なスケジュールについて声明を発表し、2030年代前半にアメリカの攻撃型のバージニア級原子力潜水艦3隻をオーストラリアに売却し、必要に応じてさらに2隻を売却するとしています。

また、米英両国の技術などを取り入れた原子力潜水艦を新たに共同開発し、2040年代前半にはオーストラリア海軍に配備されるとしています。

さらに、これに先立って早ければ2027年には米英両国の軍が運用する潜水艦がオーストラリアに展開するとしています。

3か国は異例とも言える機密性の高い原子力潜水艦の技術の共有によって台頭する中国に対抗していきたい考えです。

豪首相「防衛能力強化の単独投資としては最大規模」

アメリカのバイデン大統領やイギリスのスナク首相とともに共同記者発表に臨んだオーストラリアのアルバニージー首相は、原子力潜水艦の配備について「オーストラリアの防衛能力強化のための単独の投資としては歴史上、最大規模だ」と述べたうえで「歴史的なAUKUSのパートナーシップは、私たちの価値観と未来を、今、そしてこの先何年、何世代にもわたってともに守っていくという決意を物語っている」と述べて、3か国による連携の意義を強調しました。

そして、原子力潜水艦の導入によって技術者や科学者など2万人余りの雇用が生み出されるとし、大学や研究機関が連携して原子力の専門知識を身につけた人材の育成を進めていくとの方針を示しました。

米 軍事的な活動を活発化させる中国を抑え込みたい考え

アメリカのバイデン政権は中国への対応を安全保障上の最優先の課題と位置づけ、同盟国などとの連携を強化して抑止力を高める方針を示しています。

イギリス・オーストラリアとの3か国による「AUKUS」も、こうした取り組みの1つです。

3か国は、おととし9月、インド太平洋地域の平和と安定のためとしてこの枠組みの創設を発表し、オーストラリアが原子力潜水艦を初めて配備するにあたって技術面などで支援する方針を打ち出しました。

アメリカは、これまで機密性の高い原子力推進に関する技術をイギリス以外には共有しておらず、特例的な支援であることを強調しています。

アメリカ政府高官は航続距離が長く、能力が高い原子力潜水艦のオーストラリアへの配備はインド太平洋地域で大きな抑止力になるとしています。

また、3か国は中国が開発で先行しているとされる極超音速兵器や、その迎撃技術などの開発を共同で行うことも決めています。

アメリカとしては、同盟国であるイギリスとオーストラリアとの結束を強めることで、軍事的な活動を活発化させる中国を抑え込みたい考えです。

英首相「完全な相互運用ができる」

共同記者発表でイギリスのスナク首相は「AUKUSはこの数十年間で最も重要な多国間の防衛協力で、われわれの自由と民主主義へのたゆまぬ献身と最先端の軍事、科学、そして技術力を結び付けるものだ。きょう明らかにした原子力潜水艦の建造計画ほどそのことをはっきり表しているものはない」と述べました。

そのうえで「イギリスには原子力潜水艦の部隊を60年以上運用してきた経験があり、オーストラリアが自前の艦隊を編成できるよう、知識と経験を共有していく。完全な相互運用ができる点も重要で、3か国は同じ潜水艦を運用し、部品を共有し、ともに訓練やパトロールを行い同じ専門用語を使ってやり取りする。これは強力なパートナーシップだ」と強調しました。

英 インド太平洋地域を「外交政策の恒久的な柱」に

イギリスは2020年のEU=ヨーロッパ連合の離脱前から「グローバル・ブリテン」という外交政策を掲げ、EU以外の地域との関係強化を進めています。

このうちインド太平洋地域については、13日に発表した外交・安全保障政策の見直しでその位置づけを「外交政策の恒久的な柱」に引き上げるなど、特に重視する姿勢を打ち出しています。

念頭にあるのは中国の存在で「中国共産党のもとイギリスの政策と国民生活のほぼすべての分野で極めて重要な、かつ体制上の挑戦を突きつけている」として、同盟国やパートナーとの連携などによって自国の安全保障を守るとしています。

おととしには、インド太平洋地域に最新鋭の空母「クイーン・エリザベス」を展開し、日本にも寄港させて自衛隊と共同訓練を行ったほか、今月のフランスとの定期首脳会談でも連携して合同部隊や空母を派遣しインド太平洋地域における存在感を継続的に示すことで合意しました。

そしてAUKUSについては、イギリスと最も近いパートナーの1つであるオーストラリアとの関係をさらに強固なものにする枠組みだとして、原子力潜水艦の配備に続いて、無人潜水機や量子技術、AI=人工知能やサイバー分野、それに電子戦などの技術開発を共同で進めることを明らかにしています。

豪 導入の背景には海洋進出を強める中国の存在

オーストラリアが原子力潜水艦を導入する背景には、インド太平洋地域で海洋進出を強める中国の存在があります。

去年、就任したアルバニージー首相は「オーストラリアは現実的な挑戦にさらされている」として、地域の安全保障のために原子力潜水艦が必要だとの見方を示しています。

オーストラリアは、法の支配や民主主義の価値観などを共有するアメリカやイギリスと安全保障の枠組み「AUKUS」を通して連携し防衛能力の強化を進めることにしています。

ただ、原子力潜水艦の導入には課題もあります。

建造や維持管理などに膨大な費用がかかるほか、オーストラリア国内には原子力産業がなく、専門知識を持つ人材も少ないことから、地元メディアは導入の必要性や安全管理などを疑問視する声も伝えています。

これに対し、オーストラリア政府は、原子力潜水艦の導入で国内に多くの雇用が生み出されると強調するとともに、必要な人材の育成を進めていくと説明しています。

一方、隣国のニュージーランドは非核政策をとる立場から領海内への原子力潜水艦の進入は容認できないとしているほか、東南アジアなど周辺国からは「原子力潜水艦の導入が地域の緊張の高まりを招くおそれれがある」と懸念する声もでています。

岸田首相 豪首相と電話会談

岸田総理大臣は、午前11時前からおよそ10分間、オーストラリアのアルバニージー首相と電話で会談し、AUKUSのもとアメリカ製の原子力潜水艦が初めて配備される見通しになったことについて説明を受けました。

これに対し、岸田総理大臣は、インド太平洋地域の安全保障環境が厳しさを増す中、AUKUSの取り組みは地域の平和と安定に資するものだとして、支持する考えを伝えました。

そのうえで、両首脳はアメリカやイギリスとともに、引き続き、連携を強化していくことで一致しました。

中国外務省 汪文斌報道官「誤った危険な道に進んでいる」

アメリカとイギリス、オーストラリアの3か国による安全保障の枠組みAUKUSのもと、2030年代にアメリカ製の原子力潜水艦がオーストラリアに初めて配備される見通しになったことについて、中国外務省の汪文斌報道官は、14日の記者会見で「3か国が発表した共同声明は、これらの国がみずからの地政学上の私欲のために国際社会の懸念を完全に無視し誤った危険な道を進んでいることを示している」と強く反発しました。

そのうえで「3か国に対し、国際社会と地域の国々の声に耳を傾けるとともに古い冷戦思考を捨て、地域と世界の平和と安定を破壊しないよう求める」とけん制しました。

専門家「中国を不必要に挑発 豪の国益損なう結果にも」

オーストラリアの安全保障政策に詳しい、シンクタンク「ローウィー研究所」のサム・ロガビーン氏は、原子力潜水艦の導入について中国の軍事力強化が背景にあるとしたうえで、中国を不必要に挑発し、オーストラリアの国益を損なう結果につながりかねないとして先行きに慎重な見方を示しています。

ロガビーン氏は「速度や耐久性、攻撃力で優れた原子力潜水艦を導入すれば、オーストラリアの防衛能力が飛躍するのは明らかだ」としたうえで「中国の台頭を強く警戒し、その解決方法としてアメリカとの、より緊密な連携を選んだということを世界に示すことになる」と述べ、アメリカなどとの安全保障の枠組み「AUKUS」の意義を強調しました。

その一方で、アルバニージー政権が前政権下で冷え込んだ中国との関係を改善する意向を示す中「原子力潜水艦の導入が中国を不必要に挑発し、オーストラリアの国益を損なう結果につながりかねない」とも指摘し、先行きに慎重な見方を示しました。

また、原子力潜水艦の導入に伴う膨大な費用や運用方法をめぐり、政府の方針を疑問視する声が国内で上がっているとして政府は今後、国民に説明責任を果たすべきだという考えを強調しました。