イラン核施設から84%高濃縮のウラン見つかる IAEAが報告書

IAEA=国際原子力機関は、イランの核施設で濃縮度が84%ほどの高濃縮ウランが見つかったとする報告書をまとめました。イラン側は「意図しない濃縮が起きた可能性がある」としていますが、ウランの濃縮度は、90%以上になると核兵器に転用可能とされていてIAEAが状況の確認を進めています。

IAEAは先月28日、イランの核開発に関する報告書を加盟国に示しました。

それによりますと、ことし1月、イラン中部フォルドゥの核施設で採取したサンプルに、濃縮度83.7%のウランが含まれていたということです。

イランは核開発の目的は平和利用だと主張していますが、ウランの濃縮度は、90%以上になると核兵器に転用可能とされています。

イラン側は「意図しない濃縮が起きた可能性がある」と説明していますが、IAEAは「イラン側と話し合っている」としていて状況の確認を進めています。

イランの核開発をめぐっては、核開発を制限する核合意からアメリカのトランプ前政権が一方的に離脱して以降、これに対抗する形でイランは合意で認められた濃縮度の上限3.67%を大幅に超える核開発を進めています。

イランの国営通信はIAEAのグロッシ事務局長が近くイランを訪れる予定だと伝えていて、今回の問題についても議論が交わされるものとみられます。