スキージャンプ女子W杯 第17戦 日本勢が表彰台独占 優勝は伊藤

スキージャンプ女子のワールドカップ第17戦が5日、ドイツで行われ伊藤有希選手が6シーズンぶり6回目の優勝を果たしました。
日本勢は丸山希選手が2位、エースの高梨沙羅選手が3位に入り、表彰台を独占しました。

スキージャンプ女子のワールドカップ第17戦は5日、ドイツのビリンゲンのヒルサイズ147メートルのラージヒルで行われ、日本勢は4人が出場しました。

前の日に同じ会場で行われた16戦で4位に入り調子を上げている伊藤選手は、この日も1回目でジャンプに有利な向かい風の中、137メートルを飛んでトップに立ちました。

2回目も135メートル50と安定したジャンプを2本そろえて合計ポイント233.3で優勝し、2017年シーズン以来、6シーズンぶりの通算6勝目を挙げました。

また丸山選手は、霧で視界が見えにくいコンディションの中での1回目に133メートルを飛んで4位につけると2回目には136メートル50とさらに飛距離を伸ばして合計ポイント229.0で順位を2つ上げ2位に入りました。

丸山選手は、ワールドカップで自身初の表彰台となりました。

さらに、1回目にトップの伊藤選手と6.3ポイント差の2位につけたエースの高梨選手は、2回目で133メートルと飛距離を伸ばすことができなかったものの合計ポイント222.6で3位に入り、2戦連続となる表彰台に上がりました。

この結果、日本女子が初めて表彰台を独占する快挙を達成しました。

このほか日本勢は、勢藤優花選手が10位でした。

伊藤「最高の試合になった」

6シーズンぶりの優勝を果たした伊藤有希選手は「うれしい。きょうの試合で日本勢が表彰台を独占して本当に最高の試合になった」と満面の笑みで語りました。

そして、自身のジャンプについて「難しいコンディションだったが自分のジャンプもできて運も味方してくれた。大観衆の中で飛べて本当に幸せだった」と振り返りました。

丸山「ようやく表彰台に立てた」

自身初の表彰台となる2位に入った丸山希選手は「ようやく表彰台に立つことができた。けがから復帰して帰ってきたシーズンに表彰台に立てると思ってなかったので、こうして飛べたことがうれしさと感謝の気持ちでいっぱいだ。初めての表彰台に憧れの先輩2人と上がれたことがすごくうれしい」と話していました。

高梨「チームとともに私のジャンプもできあがるよう頑張りたい」

3位に入り2戦連続の表彰台となった高梨沙羅選手は「前の日から誰が表彰台に立ってもおかしくないぐらい日本勢は調子が上がってきてると思ってたので実現してすごくうれしい。日本チームとともに私のジャンプもできあがっていくよう頑張りたい」とさらなる飛躍を誓いました。