「文化財防火デー」東京 明治神宮外苑の「絵画館」で消防訓練

「文化財防火デー」の26日、国の重要文化財に指定されている東京の明治神宮外苑の「聖徳記念絵画館」で、消防訓練が行われました。

「文化財防火デー」は、昭和24年1月26日に奈良の法隆寺で起きた火災で国宝の壁画が焼けたことを教訓に定められました。

これにあわせて国の重要文化財に指定されている明治神宮外苑の「聖徳記念絵画館」で訓練が行われ、東京消防庁や地元の消防団などからおよそ60人が参加しました。

訓練は大地震で建物の茶室から出火したという想定で行われ、はじめに絵画館の職員でつくる自衛消防隊が来館者の避難を誘導するとともに消防に通報しました。

続いて、通報を受けて駆けつけた消防隊員が建物の屋上や2階に取り残された人をはしご車を使って救助しました。

最後に消防隊員や地元の消防団員などが建物に向けて一斉に放水しました。

四谷消防署の村上邦彦予防課長は「かけがえのない文化財を後世に残すためにこうした訓練を続けていきたい」と話していました。

島根 松江城天守でも消火訓練

文化財防火デーの26日、国宝に指定されている松江市の松江城天守で消火訓練が行われました。

この訓練は、松江城を管理する事務所の職員でつくる自衛消防隊が、文化財防火デーに合わせて毎年、行っていて、ことしは10人余りが参加しました。

訓練は、漏電が原因で松江城の最上階にある「天狗の間」から出火したという想定で行われ、消防隊が天守の周りに設置された4か所の放水銃を使って放水しました。

この冬一番の強い寒気が流れ込んだ影響で、松江市でも厳しい冷え込みが続き、水道管の凍結を防ぐ対策として少量の水を出したままにしている世帯などが増えると見込まれることから、今回の訓練は放水の時間を例年より5分短い3分にして行われました。

自衛消防隊の本廣彰隊長は「国宝の松江城を守るのは重責で防火設備が常に動くよう確認しました。多くの観光客や市民が来るので火気を持ち込まないように呼びかけたい」と話していました。