情報収集衛星搭載H2Aロケット打ち上げ成功 種子島宇宙センター

政府の情報収集衛星を搭載したH2Aロケット46号機が26日午前、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられました。衛星は予定の軌道に投入され、打ち上げは成功しました。

H2Aロケット46号機は、26日午前10時50分、種子島宇宙センターから打ち上げられました。

補助ロケットや1段目のエンジンなどを切り離しながら上昇を続け、搭載した政府の情報収集衛星を地球を回る軌道に投入し、打ち上げは成功しました。

情報収集衛星は、高度数百キロの上空から地球上のあらゆる場所を撮影できる事実上の偵察衛星で、北朝鮮のミサイル発射施設の動向や、災害時の被害の把握などに活用されています。

打ち上げられたのはレーダー衛星と呼ばれ、夜間や悪天候でも電波を使って地上を撮影でき、今回の7号機は設計上の寿命を迎える5号機の後継機です。

内閣衛星情報センターによりますと、現在、運用されているのは、レーダー衛星5機と、カメラで地上を撮影する光学衛星3機、観測したデータを高速通信で地上に送るデータ中継衛星の合わせて9機で、政府は、2028年度以降、常時10機体制での運用を目指しています。

情報収集衛星の開発や運用などにかかった予算は、これまでに1兆6000億円以上に上り、今回のレーダー衛星の開発や打ち上げにも600億円余りが投じられています。

H2Aロケットは打ち上げ能力を強化したH2Bロケットも含めると、通算55回の打ち上げで54回の成功となり、成功率98%と世界的にも高い水準を誇っています。

H2Aの46号機は、当初、25日に打ち上げられる予定でしたが、天候の悪化が予想されるとして、26日に延期されました。

これに伴い、JAXA=宇宙航空研究開発機構は、来月12日に予定していた日本の新たな主力ロケット「H3」の初号機の打ち上げも1日延期し、翌13日に行うことを決めました。

岸田首相 “安全保障や危機管理に最大限活用”

岸田総理大臣は「H2Aロケットの46号機が打ち上げられ、搭載していた情報収集衛星レーダーは所定の軌道に投入された。政府としては、このレーダーを含む情報収集衛星を最大限活用し、今後とも、わが国の安全保障および危機管理に万全を期す所存だ」とするコメントを発表しました。