NASA 原子力推進ロケットエンジン開発へ 火星有人飛行に向け

NASA=アメリカ航空宇宙局はアメリカ国防総省の研究機関、DARPAと共同で将来の火星への有人飛行に向けて小型の原子炉で発生する熱を利用する「原子力推進ロケットエンジン」を開発し、2027年にも実証試験を行うと発表しました。

NASAは24日、DARPA=国防高等研究計画局とともに、将来の火星への有人飛行を見据えて、原子力推進ロケットエンジンの開発を行うと発表しました。

このロケットエンジンは小型の原子炉で核分裂を起こし、発生する熱を使って推進剤を噴出することでロケットを飛行させます。

NASAによりますと、化学物質を使った従来のロケットエンジンと比べ、3倍以上、効率がいいということで、宇宙空間での航行時間を短くすることで宇宙飛行士の安全性を高めるほか、必要な食料などを減らせるとしています。

NASAは、このロケットエンジンは火星への有人飛行に向けた重要な技術だとして、早ければ2027年にも実証試験を行うとしています。

宇宙開発における原子力の利用をめぐっては、過去に人工衛星から大気中に放射性物質が拡散する事故も起きていて、安全性をどう確保するかが課題の一つです。