全国的に厳しい冷え込み 積雪や路面凍結などの交通影響に注意

上空の強い寒気の影響で北日本や東日本の日本海側を中心に雪が降り続き、26日朝は全国的に氷点下の厳しい冷え込みとなりました。引き続き、積雪や路面の凍結などによる交通への影響に注意が必要です。

気象庁によりますと冬型の気圧配置と上空の寒気の影響で北日本の日本海側や北陸を中心に雪が降り続いています。

午前11時までの3時間に降った雪の量は青森県八甲田山系の酸ヶ湯で16センチ、新潟県魚沼市で10センチ、石川県白山市河内で7センチなどとなっています。

26日朝は晴れて地表の熱が奪われる放射冷却現象も加わり、北海道から九州にかけての広い範囲で氷点下の厳しい寒さとなりました。

最低気温は、
長野県菅平でマイナス27度ちょうど、
北海道標茶町でマイナス22.3度、
福島県白河市でマイナス9.4度、
京都市でマイナス4度ちょうど
大分市でマイナス3.9度、
東京の都心でマイナス3.4度などと各地でこの冬、最も低くなりました。

冬型の気圧配置はしだいに緩み、日中の最高気温は25日よりも高くなると予想され、ところによっては5度以上高いと見込まれています。

気象庁は積雪や路面の凍結による交通への影響、雪崩や屋根からの落雪などに注意するよう呼びかけています。

この冬も積雪が多くなった地域で、雪がやんだあと除雪作業中の事故で亡くなる人が相次いでいます。

十分な対策をとり、作業は2人以上で行うなど安全を確保するようにしてください。

大分 中津 一部で給水制限 水道管凍結で破損 漏水相次ぐ

今回の寒波の影響で、大分県中津市では家庭の水道管が凍結して破損し、漏水が相次ぎ、25日夜から一部の地域で給水制限が行われています。

中津市によりますと、今回の寒波の影響で、市内の家庭の水道管で漏水が相次ぎ、その結果、浄水場から水道に送る水を一時的にためる「配水池」の水位が最低限度を下回る可能性が出ました。

このため、25日夜9時から、水の供給量を通常よりも2割から3割減らす給水制限を始めたということです。

給水制限の対象は、
▽中津市内のおよそ2万8000件の住宅や事業所などで、
市は、対象地域の7か所に給水拠点を設けています。

このうち、鶴居コミュニティーセンターには、タンクを手にした市民が訪れ、水を受け取っていました。

訪れた男性は「きのうの夜7時から全く水が出ていない。長期戦になるという話を聞いたので、準備だけはしておかないと」と話していました。

中津市の給水拠点は、
▽市の上下水道部の庁舎では24時間
▽そのほかの6か所では、27日以降も、午前7時から午後10時まで開設されます。

また、市の職員が対象地域を戸別に訪問して、漏水の有無を調査しています。

鹿児島 収穫間近のそら豆など被害 出荷できず

この冬一番の非常に強い寒気の影響で、鹿児島県では全国有数の生産量を誇る指宿市のそら豆など、収穫を間近に控えた農作物にも被害が広がっています。

指宿市は、
▽そら豆が年間2000トン余り
▽スナップエンドウが年間4000トン余りと、
全国有数の生産量を誇ります。

しかし、この冬一番の非常に強い寒気で、ほぼすべての生産者が被害を受けています。

このうち、およそ500アールの畑で、そら豆やスナップエンドウを栽培している山川地区の「にしやま農園」では、そら豆の皮が黒くなり、実も変色しました。

指宿市では25日、
▽最低気温はマイナス1.9度
▽最高気温は5.4度で、
平年より6度から7度低く、2月上旬から出荷のピークを迎える直前で寒気に襲われ、ほとんどが出荷できなくなったということです。

また、まもなく収穫のピークを迎えるスナップエンドウも、傷んで、さやに白い筋が入り、出荷できなくなったということです。

この地域では、7年前に記録的な寒さになった際、14億円以上の被害が出ています。

「にしやま農園」の西山昭二さんは「10年のうちに2回となると、心が折れるというか、しばらくは前を向けない。あすも冷え込むということで、これ以上、ダメージを受けないように願うばかりです」と話していました。

鹿児島県のまとめによりますと、
▽垂水市などでも、豆類の実が凍って傷む被害が出たほか、
▽長島町などで、じゃがいもの茎や葉が傷む被害も確認されているということです。

宅配便や郵便物の配送への影響【26日18:00現在】

この冬一番の非常に強い寒気による大雪や路面の凍結などの影響で、26日も宅配便や郵便物の配送への影響が続いています。

【ヤマト運輸】
ヤマト運輸は、鳥取県、島根県、岡山県の一部で荷物の集荷を停止しています。
また、高知県で全国向けの冷凍や冷蔵の荷物の集荷を停止しています。
このほか、全国の広い範囲で荷物の配送が遅れていて、新潟県、富山県、石川県、福井県、京都府、滋賀県、兵庫県、和歌山県の8県で全国からの荷物や、全国向けの荷物の配送が遅れています。


【佐川急便】
佐川急便は、高速道路などでの交通規制が解消されつつあるとして、荷物の配送や集荷を再開しました。
ただ、全国の広い範囲で荷物の配送が遅れているということです。


【日本郵便】
日本郵便では、26日は、西日本の12府県を宛先とするゆうパックなどの荷物の引き受けを停止するとともに、これらの地域で荷物の引き受けを停止していましたが、27日から、すべての都道府県で引き受けを再開することにしています。
ただ、航空便や船舶の欠航などで今も各地で郵便物や荷物の配送が遅れているということです。