大雪で列車立往生 乗客閉じ込め JR西日本 一連の対応検証へ

大雪の影響によりJR京都線や琵琶湖線で列車が立往生して多くの乗客が車内に閉じ込められた問題で、JR西日本は線路のポイントの雪をとかす装置を作動させなかった判断など一連の対応を検証した上で運用の見直しを検討することにしています。

JR西日本では、大雪となった24日の夜、京都線や琵琶湖線の複数の地点で線路のポイントの切り替えができなくなり、15本の列車が立往生した結果、一時、およそ7000人が車内に閉じ込められ、16人が体調不良を訴えて救急搬送されました。

JR西日本は25日の記者会見で予想降雪量をもとに、線路のポイントの雪をとかす装置を作動させなかったことでポイントに雪が挟まるなどして切り替えができなくなり、立往生につながったことを明らかにしました。

さらに乗客が列車内に長時間閉じ込められたことについては、乗客を駅で降ろすためにポイントの復旧作業を優先させたためと釈明しました。

今回の事態を踏まえて、JR西日本は大雪が見込まれる中での運行のあり方に加えて、ポイントの雪をとかす装置を稼働させないとした判断やポイントの復旧作業を優先させた対応が適切だったかを検証した上で、運用の見直しを検討することにしています。