トヨタ 国内の全工場 25日夜間の稼働停止 大雪で部品供給滞る

トヨタ自動車は、大雪で部品の供給が滞っているため、国内にある14工場すべてで25日の夜間の稼働を停止することになりました。26日は昼間から通常どおり稼働する予定だとしています。

トヨタによりますと、大雪の影響で物流が混乱し、部品の供給が滞っていることから、国内にある14工場すべてで、25日の夜間の稼働を停止するということです。

停止するのは、
▽愛知県の元町工場や高岡工場
▽トヨタ自動車九州の福岡県にある宮田工場
▽トヨタ自動車東日本の宮城県にある宮城大衡工場などで、
合わせて28の生産ラインに上ります。

一方、26日は、すべての工場で昼間から通常どおり稼働する予定だとしています。

トヨタは、今回の稼働停止による影響については、今後、生産を増やして対応するとしています。