埼玉 川口の強盗傷害事件 容疑者3人を逮捕

去年11月、埼玉県川口市の住宅でこの家に住む20代の男性が手足を粘着テープのようなもので縛られ現金や通帳を奪われた事件で、警察は3人を強盗傷害などの疑いで逮捕しました。

去年11月15日、川口市前上町の住宅で、この家に住む20代の男性が手足を粘着テープのようなもので縛られたうえ刃物のようなもので脅され、現金およそ500万円や通帳を奪われる事件があり、男性は首などに軽いけがをしました。

警察は強盗傷害事件として捜査していましたが25日、いずれも茨城県日立市に住む職業不詳の北河原大地容疑者(21)と19歳の容疑者、それに17歳の少年を逮捕しました。

警察によりますと付近の防犯カメラの映像などから浮上したということで、3人は知り合いで、携帯電話の分析などから、19歳の容疑者がほかの2人に指示していたとみられるということです。

また被害者の家には、事件の前に不審な電話があったということで、警察は関連を調べるとともに、こうした電話に注意するよう呼びかけています。

警察は捜査に支障があるとして、3人の認否を明らかにしていません。