北陸本線 最大10時間以上の遅れ 列車内で一夜明かした人も

JR北陸本線は24日夜から25日朝にかけて最大で10時間以上の遅れが出ていて、列車の中で一夜を明かした乗客もいました。

JR西日本によりますと、福井県内では強風や雪のため24日夜、北陸本線が運転を見合わせ、すでに出発していた列車は途中の駅で停車を繰り返しました。

このため、特急列車などに最大で10時間以上の遅れが出ていて、列車の中で一夜を明かした乗客もいました。

JR西日本は状況に応じて乗客に軽食などを提供したということです。

JR福井駅では、24日午後5時半すぎに到着するはずだった特急「サンダーバード」が25日朝4時半ごろに到着し、改札から出てきた乗客は疲れた表情を浮かべていました。

家族で福井県のあわら温泉に向かう予定だった大阪の30代の女性は「車内は停電にはなりませんでしたが、足元が冷えてつらく、周りの人たちと一緒にただ耐えるだけの時間でした。宿にも泊まれなかったので、福井に着いたものの、これからどうしようと思っています」と話していました。

京都で受験に臨んでいたという福井市内の高校3年の男子生徒は「長い間、車内で座っていたので少し腰が痛いです。親ともやりとりしましたが、心配している様子でした。少し休んでこれから学校に行きます」と話していました。

JR北陸本線は今もダイヤが乱れていて、これまでに北陸と大阪や名古屋などを結ぶ特急列車のうち上下合わせて34本の運転取りやめが決まっています。