ウクライナ ドイツ製戦車供与「判断は速やかに」ドイツ国防相

ドイツのピストリウス国防相は24日、ウクライナへの軍事支援の焦点となっているドイツ製の戦車の供与について、判断は速やかに下されるとの認識を示しました。一方、ポーランドの国防相は、自国が保有するドイツ製戦車の供与の許可を、正式にドイツに求めたことを明らかにしました。

ドイツのピストリウス国防相は、24日、首都ベルリンで、NATO=北大西洋条約機構のストルテンベルグ事務総長と会談したあと、共同で会見しました。

この中で、ピストリウス国防相は、ウクライナへの供与の判断の結論を出していないドイツ製戦車「レオパルト2」の対応について、「判断は速やかに下されると期待している」と述べ、ショルツ首相が、速やかに判断するとの認識を示しました。

そのうえで「前向きな判断が下されたら、われわれは迅速に動くことができる」と述べ、供与の準備も進めていると説明しました。

また、NATOのストルテンベルグ事務総長は、会談で「レオパルト2」の供与について意見を交わしたと明らかにし、ドイツの判断に期待を示しました。

一方、この会談後、自国が保有する「レオパルト2」を、ウクライナに供与する意向を示すポーランドの国防相は、「ドイツは許可の申請を受け取っている」とツイッターに投稿し、正式にドイツに許可を求めたことを明らかにしました。

ドイツ製の戦車をウクライナに供与する場合、保有する国がドイツの許可を得る必要があり、今後、ドイツの判断が焦点です。

「避けられない傷を残す」ロシア大統領府がけん制

ロシア大統領府のペスコフ報道官は、24日、欧米側の軍事支援としてドイツ製戦車「レオパルト2」の供与が議論されていることに対し「ロシアとドイツの関係は、すでにかなり低迷している。ドイツやEU=ヨーロッパ連合、NATO=北大西洋条約機構の他の国とも実質的な対話がない。しかし、戦車が供与されたら、将来の両国関係にとってよいことにはならず、必ず、避けられない傷を残すことになるだろう」と述べ、ドイツとのさらなる関係悪化につながるとけん制しました。