ウクライナ支援めぐり G7と関係国の外相らがオンライン会合

ウクライナへの支援をめぐり、日本時間の今夜、G7=主要7か国と関係国の外相らが、オンラインで意見を交わす会合が開かれることになりました。林外務大臣は、G7議長国として、各国との緊密な連携を確認したい考えです。

会合は、ロシアがウクライナへの軍事侵攻を始めてから、来月24日で1年となるのを前に、G7と関係国の外相らが、支援の在り方などを話し合うために開かれ、日本からは林外務大臣が参加します。

この中では、ロシアの攻撃で、ウクライナの電力施設などに被害が出ていることから、エネルギー分野の支援などをめぐって、協議が行われるものとみられます。

林外務大臣としては、日本の立場や取り組みを説明するとともに、G7の議長国として、引き続き各国と緊密に連携していくことを確認したい考えです。