立民 安住国対委員長 細田氏を批判「国民に説明の機会放棄」

旧統一教会との関係が指摘されている細田衆議院議長について、立憲民主党の安住国会対策委員長は「国民に説明する機会を放棄している」と批判したうえで、教団との関係など、説明責任を果たすよう重ねて求めました。

旧統一教会との関係が指摘されている細田衆議院議長は24日午後、議長公邸で議院運営委員会の理事らに説明することにしていますが、報道陣に公開されるのは冒頭のみに限られています。

これについて、立憲民主党の安住国会対策委員長は記者団に対し「説明が非公開になったことは大変残念で抗議したい。みずからが国民に説明する機会を放棄する姿勢は三権の長としていかがなものか」と批判しました。

そのうえで「旧統一教会との関係や選挙での票の差配について、自民党の派閥の会長としてどうだったのかを教えてもらいたい。細田議長が説明しないかぎり、旧統一教会と自民党との関係は明らかにならず、この話は終わらない」と述べ、説明責任を果たすよう重ねて求めました。

官房長官「政府の立場でコメントは差し控える」

松野官房長官は、午前の記者会見で「懇談が本日予定されていることは承知しているが、三権の長たる議長の対応について政府の立場でコメントすることは差し控える」と述べました。