14階建て最上階部屋に屋上から侵入 強盗傷害などの容疑で逮捕

去年10月、東京 渋谷区のマンションの最上階の部屋に屋上から押し入り、30代の男性を暴行してけがをさせ、現金3500万円余りと高級腕時計などを奪ったとして、24歳の容疑者が警視庁に逮捕されました。
調べに対し、容疑を否認しているということです。

逮捕されたのは、東京 八王子市の職業不詳、鈴木涼一容疑者(24)です。

警視庁によりますと、去年10月、渋谷区初台の14階建てのマンションの最上階の部屋に押し入り、この部屋に住む30代の男性を金属製の工具で殴るなどして大けがをさせ、部屋にあった現金3500万円余りと高級腕時計など3800万円相当を奪ったとして、強盗傷害などの疑いが持たれています。

マンションの屋上から、備えつけのはしごを使って部屋に押し入ったとみられるということです。

この事件では、20代の2人がすでに逮捕・起訴されていて、警視庁は3人がマンションに押し入ったとみて、現場周辺の防犯カメラの映像を調べるなどして捜査を進めたところ、容疑者が関わっていたことが分かったということです。

調べに対し、「強盗なんてしていません」などと供述し、容疑を否認しているということです。