栗原心愛さん 虐待死から4年 県庁で黙とう 千葉

千葉県野田市で小学4年生の女の子が虐待を受けて死亡した事件から、24日で4年となり、千葉県庁では職員が黙とうをささげました。

4年前の1月24日、野田市の小学4年生栗原心愛さん(当時10)が自宅で死亡した事件では、父親が傷害致死などの罪に問われ、おととし懲役16年の刑が確定しています。

命日となる24日朝、千葉県庁では児童相談所を所管する児童家庭課の篠塚かおる課長が「尊い命を失うこととなった反省を、私たちは忘れてはならないと思います。心愛さんのご冥福を心からお祈りするとともに、二度とこのような事件を起こさないという決意を新たに業務に取り組んでいきましょう」と呼びかけたあと、職員たちが黙とうをささげました。
児童相談所改革室の山口敦史室長は「10歳の女の子が虐待によって心身に受けたつらさや苦しさを思うと、大変心が痛む思いです。このような事案が決して二度と起こることがないよう、子どもの安全安心な生活、命を守ることを最優先に児童虐待防止に取り組んでいきたい」と話していました。

年々増加する児童虐待の相談件数

児童虐待の相談件数は年々増加しています。

18歳未満の子どもが親などから虐待を受けたとして、1都3県にある児童相談所が相談を受けて対応した件数は、昨年度(令和3年度)の速報値で、
▽東京都は2万6000件余り
▽埼玉県が1万7000件余り
▽神奈川県が2万1000件余り
▽千葉県が1万1000件余りで、神奈川県以外で過去最多でした。

こうした中、厚生労働省は、児童相談所などの相談支援体制を強化するため、全国の児童相談所で働く児童福祉司について、再来年度までの2年間で1000人程度増員し、およそ6850人の体制にするとしています。

しかし、NHKがまとめたところ、今年度の配置基準に対して、
▽東京都で245人
▽埼玉県で95人
▽神奈川県で59人
▽千葉県で15人それぞれ足りていません。

千葉県 職員確保が追いつかず 県外でも職員募集

千葉県では、去年11月末までに、県の児童相談所で働く職員77人が現場を離脱した一方、補充が12人にとどまるなど、職員の確保が追いついていない状況です。

このため、県外の大学にも出向いて、児童相談所での仕事に関心を持つ学生を対象に説明会を行っています。

1月18日には、実際に児童相談所で働く職員など3人が埼玉県内の大学を訪れ、学生たちに、仕事のやりがいや一日のスケジュールについて語りました。

参加者のうち、大学3年の女子学生は「実際に現場で働く方の話を聞き、職務内容や仕事のやりがいを知ることができたのでとても勉強になりました。千葉県で働くことに興味がわきました」と話していました。

千葉県中央児童相談所人材育成研修課の辻久美子課長は「子どもの未来を作り、子どもの心に種をまく仕事です。児童福祉の分野に興味を持つ人には、ぜひ検討してほしい」と話していました。

県外で採用試験も受験者は1人

ただ、新たな職員の確保は容易ではありません。

千葉県は、これまで県内のみで行っていた採用試験を、1月20日、名古屋市でも行いました。

愛知県には、社会福祉士の合格者を数多く出している大学があるため、受験者が多く集まることを期待しましたが、1人にとどまりました。

千葉県健康福祉政策課の岡田慎太郎課長は「応募していただかないことには職員の確保はできませんので、応募者を増やす取り組みが重要だと考えています。計画的で体系的な人材育成の方針を示して、千葉県職員として働く魅力を発信し、職員確保に努めていきたい」と話していました。

専門家「長く仕事が続けられる環境づくりを」

都市部を中心に、児童相談所で働く職員が不足している現状について、児童家庭福祉が専門の立正大学の鈴木浩之准教授は「児童相談所の体制が急速に強化されたことによって、限られたパイの中で人材の取り合いが起きている。虐待の件数が多い都市圏ではその傾向が強く、採用が困難になっている」と指摘しました。

そして、「児童相談所が家族や子どもに果たす役割は大きく、価値の高い尊い仕事なので、志を持ってきた人たちが、長く仕事が続けられるような環境をつくっていくのが喫緊の課題だ」と話しています。