全国的に10年に一度の低温の見込み 大雪や猛吹雪などに警戒を

この冬一番の非常に強い寒気が流れ込むため、24日から26日にかけて北日本から西日本の日本海側で大雪や猛吹雪となるほか、ふだん雪の少ない太平洋側の平地でも大雪となるおそれがあります。
全国的に10年に一度程度の低い気温になる見込みで、路面や水道管の凍結による被害が出るおそれもあります。大雪や猛吹雪などに警戒が必要です。

気象庁によりますと、日本付近は24日から26日にかけて冬型の気圧配置が強まり、北日本から西日本の上空にはこの冬一番の非常に強い寒気が流れ込む見込みです。

このため北日本から西日本の日本海側を中心に大雪や猛吹雪となり、短時間で積雪が急激に増えるおそれがあります。

さらに、ふだん雪の少ない太平洋側の平地でも大雪となるおそれがあるほか、気象庁は、東京23区でも24日夜は雪が降り、積もるところがある見込みだとしています。
25日朝までの24時間に降る雪の量はいずれも多いところで
▽新潟県で90センチ、
▽北陸で80センチ、
▽関東甲信と近畿、中国地方で70センチ、
▽東北と東海で60センチ、
▽北海道と九州北部で40センチ、
▽四国で30センチ、
▽九州南部で20センチと予想されています。

また、▽23区を含む東京地方でも24日夜は局地的に雪が強まって積もるところがあり、25日朝までに2センチの降雪が見込まれています。

その後、26日朝までの24時間の降雪量は、
▽東北で60センチから80センチ、
▽新潟県で50センチから70センチ、
▽北陸と近畿で40センチから60センチ、
▽関東甲信と北海道で30センチから50センチ、
▽東海と中国地方で20センチから40センチ、
▽九州北部で10センチから20センチと予想されています。

さらに、その後、27日朝までの24時間には、
▽東北と新潟県で40センチから60センチと予想されています。
全国的に風も強まり、
24日の最大風速は
▽北海道と四国で25メートル、
▽関東甲信と北陸、近畿、中国地方、九州南部、それに沖縄・奄美で23メートル、
▽九州北部と東北で20メートルと予想され、
各地の最大瞬間風速は30メートルから35メートルに達する見込みです。

また、北陸から沖縄・奄美にかけての広い範囲で大しけになると予想されています。
さらに、気象庁は全国的にかなり気温が下がり、10年に一度程度の低い気温となる見込みだとしています。

25日の最低気温は、
▽札幌市でマイナス12度、
▽長野市でマイナス7度、
▽仙台市や熊本市でマイナス6度、
▽富山市や山口市でマイナス5度、
▽高知市でマイナス4度、
▽名古屋市や京都市でマイナス3度、
▽東京の都心でマイナス2度などと予想されています。
気象庁は、大雪や猛吹雪、路面の凍結による交通への影響や暴風、高波に警戒するとともに、水道管の凍結や着雪による停電などにも十分注意するよう呼びかけています。

大雪が予想される地域では車の立往生などが発生するおそれもあり、国土交通省は不要不急の外出を控えるよう呼びかけています。