立民と維新 防衛増税反対の立場 政府を追及する方針を確認

通常国会で連携する立憲民主党と日本維新の会は、行財政改革などについて議論する作業チームの初会合を開き、防衛費増額に伴う政府の増税方針に反対の立場で、対案などを検討して政府を追及する方針を確認しました。

23日召集された通常国会で立憲民主党と日本維新の会は、国会対応などで連携する方針です。

連携の一環として、両党は、政策ごとに協議する場を設けることにしていて、23日夕方、国会内で、行財政改革などについて議論する作業チームの初会合を開きました。

会合では、防衛費増額に伴う政府の増税方針に反対の立場で2週間に1回をめどに会合を開き、対案などを検討して政府を追及していく方針を確認しました。

会合のあと、立憲民主党の後藤祐一・衆議院議員は「防衛増税の前に、国会議員の『身を切る改革』や行政改革を、立憲民主党と日本維新の会で徹底していく」と述べました。

また、日本維新の会の中司宏 衆議院議員は「大阪でやってきた改革を国会で広げていきたい」と述べました。