維新 藤田幹事長“前川議員処分せず 判決確定までは推定無罪”

日本維新の会の藤田幹事長は、公職選挙法違反の罪に問われ、1審で罰金30万円の有罪判決を言い渡された前川清成 衆議院議員について、「判決確定までは推定無罪だ」と述べ、現時点では処分せず裁判を見守る考えを示しました。

日本維新の会の前川清成 衆議院議員は、おととしの衆議院選挙の公示前に、みずからへの投票を呼びかける文書を不特定多数の有権者に送ったとして、公職選挙法違反の罪に問われ、奈良地方裁判所は先週、罰金30万円の有罪判決を言い渡しました。

党の藤田幹事長は記者会見で「前川議員本人は、判決内容には論理的におかしいところがあるという主張で、控訴すると聞いている」と述べました。

そのうえで、「判決確定までは推定無罪であり、今のところ、党として処分する意向はない。裁判は数か月のうちに決着すると思うので、冷静に見守りたい」と述べました。