DeNA ドラフト1位 松尾汐恩 春のキャンプ1軍スタートへ

プロ野球、DeNAに大阪桐蔭高校からドラフト1位で入団した松尾汐恩選手が、春のキャンプを1軍でスタートすることになりました。

DeNAは23日、横浜市内で三浦大輔監督やコーチなどが参加して会議を開き、今シーズンのチームの方針を話し合ったほか、来月1日に始まる春のキャンプの1軍と2軍にどの選手を振り分けるかを決めました。

その結果、大阪桐蔭高校からドラフト1位で入団したキャッチャーの松尾選手を沖縄県宜野湾市で行う1軍のキャンプに参加させることを決めました。

三浦監督は「スタッフからの報告を受けて、コンディションも問題がないということで1軍参加を決めた。先輩たちを見て、1軍の投手のボールを受けていろいろなものを吸収してもらいたいし、よければ試合でも起用したい」と期待感を示していました。

また、WBC=ワールド・ベースボール・クラシックの代表入りが内定している今永昇太投手については、調整のため、鹿児島県奄美大島で行われる2軍キャンプに参加することも発表されました。