【大雪 交通への影響は】通行止め可能性の高速道路 欠航便

大雪が予想されている影響で、通行止めの可能性のある高速道路や、欠航となった空の便が発表されました。

【高速道路】広い範囲で通行止めにする可能性

高速道路各社は24日から26日にかけて、西日本から北日本の広い範囲で通行止めにする可能性があると発表しました。高速道路と並行する国道が通行止めとなる可能性もあり、車による不要不急の外出を控えるよう呼びかけています。
高速道路各社によりますと24日以降通行止めの可能性があるのは以下の区間です。

▼東日本高速道路の管内は、北海道では
▽札樽自動車道と
▽後志自動車道の全区間に加え
▽道央自動車道と
▽道東自動車道のそれぞれ一部区間です。

また、本州では
▽山形自動車道と
▽日本海東北自動車道
▽北陸自動車道
▽磐越自動車道
▽関越自動車道
▽長野自動車道
▽上信越自動車道のぞれぞれ一部区間です。

視界不良の場合にはさらに区間が広がるおそれもあるとしています。

▼中日本高速道路の管内は
▽北陸自動車道の一部区間と
▽舞鶴若狭自動車道の福井県内の区間で
24日の正午以降、通行止めの可能性があるとしています。

▼西日本高速道路の管内は、近畿では
▽京滋バイパスと
▽第二京阪道路
▽京奈和自動車道
▽京都縦貫自動車道のそれぞれ一部区間です。

中国地方では▽米子自動車道と
▽山陰自動車道
▽松江自動車道
▽中国自動車道
▽岡山自動車道のそれぞれ一部区間です。

九州では
▽九州自動車道と
▽大分自動車道
▽西九州自動車道
▽長崎自動車道、
▽長崎バイパスのそれぞれ一部区間です。

不要不急の外出控えて 外出時は冬用タイヤを

このほか、国土交通省は雪の状況によっては除雪作業などのため、高速道路と並行する国道の通行止めを行うとしています。

国土交通省や高速道路各社は、大雪が予想される時間帯は不要不急の外出は控えるとともに、やむをえず車で出かける場合は、最新の気象や道路の情報を確認し、冬用タイヤを装着し、チェーンを携行するなど備えを進めるよう呼びかけています。

さらに運送会社などに対しては、う回路を検討したり荷物の配送日を調整したりするよう呼びかけています。

【航空】125便が欠航

大雪が予想されている影響で、24日の国内の空の便は23日午後10時の時点で、北陸や西日本を発着する便を中心に少なくとも125便の欠航が決まっています。

このうち、▽日本航空が62便、▽全日空が43便、▽フジドリームエアラインズが16便、▽アイベックスエアラインズが4便となっています。

航空各社は、今後、さらに欠航便が増える可能性があるとしてホームページなどで最新の情報を確認するよう呼びかけています。