大関 貴景勝の優勝を祝福 出身地で横断幕 兵庫 芦屋

大相撲初場所で優勝した大関 貴景勝を祝福する横断幕が、出身地の兵庫県芦屋市の市役所に掲げられ、市民から喜びの声が聞かれました。

芦屋市出身の貴景勝は、大相撲初場所で千秋楽の22日、結びの一番で平幕の琴勝峰に勝って13場所ぶり3回目の優勝を果たしました。

優勝から一夜明けて、地元の芦屋市役所には、「優勝おめでとう」と書かれた、縦およそ70センチ、横およそ4メートルの横断幕が設置されました。

市内の60代の女性は「芦屋の誇りだなと思います。これからも親心で見守っていきたい。がんばってほしいです」と話していました。

80代の男性は「きのうはすごかったです。1敗くらいだったら横綱になれていたかもしれないですけど、コロナの時期に希望をくれました」と話していました。

また、90代の男性は「あれくらいはやってもらわないとね。次は横綱になってほしい。期待しています」と話していました。