「京都御苑」に迷い鹿 捕獲を終え山に放すことに

京都市の中心部にある「京都御苑」で、体重50キロほどのシカが1頭迷い込んでいるのがみつかり、23日午後になって市や警察などに捕獲されました。これまでにけがをした人は、確認されていないということです。

京都市によりますと23日午前10時ごろ、京都市上京区の京都御苑の職員から「迷い込んだと思われるシカがいる」と市に連絡がありました。

シカは体重50キロほどのオスとみられ、通報を受けて市の職員や警察などが捕獲作業にあたりました。

当初、シカは蛤御門の近くの林に逃げ込んでいて、30人以上の担当者が追い込んで確保しようとしましたが、すり抜けて走り去りました。

その後もシカは、御苑内をはねながら走り回ったり、たたずんだりしていました。

捕獲作業が始まっておよそ4時間後の午後2時前、御苑内にある「皇宮警察本部京都護衛署」付近で市や警察などに捕獲されたということです。

市や警察によりますとこれまでにけがをした人は確認されていないということです。

京都市は「どこから迷い込んだかはわからない」としていて、23日中に市内の山に放すことにしています。