フランスで開催の「洋菓子のワールドカップ」 日本代表が優勝

世界各国のパティシエが洋菓子作りの技術を競う「洋菓子のワールドカップ」がフランスで開かれ、日本代表が地元フランスなどを抑えて優勝しました。

2年に1回開かれる洋菓子の世界大会は、20日と21日にフランス東部のリヨン郊外で開催され、各地の予選を勝ち抜いた17の国と地域の代表が参加しました。

ことしの大会では、「気候変動」をテーマにしたチョコレートやあめ細工などの洋菓子が課題となりました。

審査の結果、優勝したのは日本で、2位にフランス、3位にイタリアなどとなりました。

この大会で日本代表が優勝するのは3度目で、2007年以来16年ぶりです。

世界的なパティシエで大会の会長を務めるピエール・エルメ氏が日本の優勝を発表すると、会場からは大きな歓声があがり、出場した日本代表のメンバーは抱き合いながら喜びを分かち合っていました。

日本代表として出場したパティシエの1人鈴鹿成年さんは、AFP通信の取材に対し「とても幸せです。私たちは長い間トレーニングしてきました。日本チームのみんなに感謝を伝えたい」と話しています。