旧統一教会との関係 あす細田衆院議長が議長公邸で説明へ

衆議院議院運営委員会は理事会で、24日に細田議長から旧統一教会との関係などについて説明を受けることで合意しました。

細田衆議院議長をめぐっては、野党側が旧統一教会との関係の説明が不十分だとして、細田議長本人が公開の場でさらに説明するよう求めています。

通常国会初日の23日に自民・公明両党と立憲民主党、日本維新の会の国会対策委員長が会談し、与党側は細田議長が議院運営委員会の理事らに説明する場を設け、冒頭を報道陣に公開することを提案しました。

立憲民主党と日本維新の会は、十分とは言えないものの一歩前進だとして受け入れる考えを伝えました。

このあと、議院運営委員会の理事会が開かれ、24日午後に議長公邸で細田議長から説明を受けることで合意しました。

自民 高木国対委員長「今回の対応で野党に理解いただきたい」

自民党の高木国会対策委員長は「野党が今後どうするかは野党次第だが、議長という立場もあるので、今回の対応で理解をいただきたい」と述べました。

また、記者団からこうした対応となった理由を問われ、高木氏は「議長の判断だと思う」と述べました。

立民 安住国対委員長「早い時期に生の声で説明を」

立憲民主党の安住国会対策委員長は「最低限だが、機会がないよりはあったほうがいい。細田議長は衆議院の代表として国民に説明する責任を果たしていないので、早い時期に生の声で説明する機会を設けることがよいのではないか」と述べました。