春闘 事実上スタート 中小企業含めて賃上げの動き広がるか焦点

記録的な物価の上昇が続き賃上げが課題となる中、「経団連」と「連合」のトップによる会談が行われ、ことしの春闘が事実上、スタートしました。中小企業を含めて賃上げの動きが広がるのかや、賃上げ率をどこまで伸ばすことができるのかが焦点です。

「経団連」の十倉会長と「連合」の芳野会長は23日午前、東京都内で会談し、ことしの春闘が事実上、スタートしました。

この中で「経団連」の十倉会長は「物価動向を特に重視しながら、企業の社会的な責務として賃金引き上げのモメンタムの維持や強化に向けた積極的な対応を呼びかけている」と述べました。

これに対し「連合」の芳野会長は、「コロナ禍と物価高で多くの国民が苦しい思いをしている。これまでの延長線上の議論にとどめることなく、労使が力を合わせて日本の未来をつくりかえるターニングポイントとすべきだ」と述べて、物価の上昇が続く中、賃上げを進めるという認識で一致しました。

ただ、賃上げ率をめぐっては「連合」がベースアップ相当分と定期昇給分を合わせて5%程度という水準を求めているのに対し、「経団連」は「連合」が求める水準について理解できるとしながらも「慎重な検討が望まれる」としています。

ことしの春闘では、中小企業を含めて賃上げの動きが広がるのかや賃上げ率をどこまで伸ばすことができるのか、そして賃金を持続的に引き上げるための転換点とできるのかが焦点となります。

春闘は来月、自動車などの労働組合が要求書を提出して交渉が本格化します。

経団連 十倉会長「デフレマインド払拭の好機では」

会談のあと、経団連の十倉会長は「今、日本が大きな転換点にあるというのは経団連側も連合側も一緒だ。持続的な賃上げ、構造的な賃上げには、原資を生み出す生産性の向上に加えてデフレマインドの払拭(ふっしょく)が非常に大事で、まさにその好機ではないか」と述べ、継続的な賃上げにつなげるためにはことしの春闘交渉が重要になるという認識を示しました。

連合会長「大手企業の協力が非常に重要」

経団連との会談のあと連合の芳野会長は「経団連と連合の考え方がほぼ一致しているという認識をもった」と述べました。

そのうえで「デフレからの脱却という意味ではことしの賃金改定は非常に重要だと思っている。まだまだ厳しかったり見通しが立たなかったりする産業もあるが、賃金改定というのはことしだけで終わるものではない。継続が非常に重要なのでそういった視点も期待したい」と述べました。

また「中小企業の賃上げは価格転嫁がどれだけできるかが重要で、そのうえで大手企業の協力が非常に重要だ」と述べました。

後藤経済再生相「最大限の賃上げを期待」

後藤経済再生担当大臣は、23日の閣議のあとの記者会見で「物価上昇に負けない継続的な賃上げを実現することが重要だ。賃上げは個別の労使交渉で決定されるものであるが、事実上の春闘のスタートということで、政府としては最大限の賃上げを期待したい」と述べました。

そのうえで、後藤大臣は「賃上げを継続的なものにしていくために、スキルが正当に評価されて賃上げに反映される日本型の職能給の確立や、成長分野への円滑な労働移動を進めるなど、働く人の立場にたった改革を進めて後押ししていきたい」と述べました。

青森の旅館「経営状況を考えると余力はない」

ことしの春闘が事実上スタートしましたが、青森県黒石市の旅館では電気料金の高騰などで経営が打撃を受け、賃上げに二の足を踏んでいます。

およそ30年続く、天然温泉が売りの黒石市の旅館では、30代から40代の社員7人が働いています。

新型コロナの影響で、宿泊客数がそれまでの半分ほどに落ち込みました。

今年度、ようやく回復傾向にあるもののそれでも、売り上げは以前のおよそ7割、7000万円ほどにとどまると見込んでいます。

その厳しい経営に追い打ちをかけているのが、電気料金の値上がりです。去年12月分は前の年の2倍以上のおよそ80万円。電気代だけで、この月の売り上げの13%にあたります。

さらに食事に提供するサーモンやイクラなどの輸入食材も、ロシアによるウクライナ侵攻の影響で、仕入れ価格が以前の2倍となるなど、物価高騰の影響が深刻です。

旅館では、冬場の宿泊料金を1泊あたり1000円程度値上げし、暖房代として1部屋あたり550円請求するなど、価格転嫁に踏み切りましが、売り上げが回復しないため賃上げには二の足を踏んでいます。

支配人の石澤亮太さんは「できることなら賃上げをしたいし、しなければいけないが、経営状況を考えるとその余力はない。会社を存続させて働く環境を確保することが最優先なので売り上げが回復したら従業員に還元したい」と話していました。

この旅館の従業員で3児の母の40代の女性は「子どもがよく食べるので、物価が上がるにつれて食費がかさんでいる。賃上げされれば食費に余裕ができて貯金もできるようになるので、客が増えて給料も上がってほしいです」と話していました。