米ロサンゼルス乱射事件 容疑者は72歳アジア系の男 車内で死亡

アメリカ西部カリフォルニア州のロサンゼルス郊外で、男が銃を乱射して10人が死亡した事件で、警察は容疑者の72歳のアジア系の男が車の中で死亡しているのを確認したと発表しました。

カリフォルニア州モントレーパークで21日、旧正月を祝うイベントが開かれていたところ、ダンスを行う施設で男が銃を乱射し、男性5人、女性5人の合わせて10人が死亡、10人がけがをしました。

男はおよそ20分後、別の施設に押し入ったものの、居合わせた人たちから銃を取り上げられ、車で逃走しました。

乱射事件からおよそ12時間後、警察は現場からおよそ50キロ離れたカリフォルニア州トーランスで男が乗っていた車を発見し、車内から銃声が聞こえた後で、特殊部隊を突入させ、男が死亡しているのを確認したということです。

警察によりますと、容疑者は72歳のアジア系の男で、今後事件の動機について捜査を進めることにしています。

乱射事件の現場は、アジア系の住民が多く暮らす地域で、事件の発生を受けて旧正月を祝うイベントが打ち切られるなど、地域に不安が広がりました。