浜田防衛相「特定秘密」漏えい問題で勧告“深刻に受け止め”

海上自衛隊の幹部が「特定秘密」が含まれる情報をOBに漏らした問題で、浜田防衛大臣は衆議院の審査会から実態調査などを求める勧告を受けたことについて「深刻に受け止めている」として、再発防止に取り組む考えを示しました。

海上自衛隊の1等海佐が高度な情報保全が求められる「特定秘密」が含まれる情報をOBに漏らした問題で、衆議院の情報監視審査会は今月20日、浜田防衛大臣に対しOBへの情報提供の実態調査や、厳格な規範を設けることなどを求める勧告を行いました。

これについて浜田大臣は閣議のあとの記者会見で「法律が施行されて以降、情報監視審査会による初めての勧告と承知しており、深刻に受け止めている」と述べました。

そのうえで浜田大臣は「私から再発防止に関する指示を出すとともに、副大臣を長とする検討委員会で省全体で議論している。勧告の内容も十分に踏まえ、スピード感を持って再発防止の徹底に向けた検討を進めていきたい」と述べました。