「銭湯絵師」温浴施設に大雪山系の山々描く 北海道 旭川

全国でも数少ない「銭湯絵師」の女性が、北海道旭川市の温浴施設の壁に旭岳など雄大な大雪山系の山々をペンキで描きました。

旭川市内の温浴施設は浴室をリニューアルするにあたって、入浴客に風情ある風景画を楽しんでもらおうと、全国でも数少なく、女性では唯一の「銭湯絵師」田中みずきさん(40)に制作を依頼しました。

田中さんはすでに女湯の壁に北海道最高峰の旭岳を描き終えていて、今月20日は男湯の大雪山系の山々を仕上げる作業が行われました。

作業の様子は施設の利用客に公開され、田中さんは山頂にかかる雪や、ふもとに広がる紅葉をペンキを使い分けて描いていきました。

そして色鮮やかな山々の絵が完成すると、作業を見守っていた人たちから大きな拍手が起きました。
田中さんは「浴室内のどこからでもきれいに見えるように工夫して描きました。美しい山並みが市内から見える旭川はすてきな街だと思います」と話していました。

制作を依頼した温浴施設「SPA&SAUNAオスパー」の沢田稔秀さんは「すばらしい絵を描いてもらい本当にうれしいです。浴槽につかりながら雄大な山の絵を見て、ゆったりとくつろいでもらいたいです」と話していました。