通常国会 立民と維新 定期的な会合開催など連携方針を確認

通常国会の召集を受け、立憲民主党と日本維新の会の国会対策委員長が会談し、今後、定期的に会合を開くなど連携して対応していく方針を確認しました。

通常国会初日の23日、立憲民主党の安住国会対策委員長と日本維新の会の遠藤国会対策委員長が会談し、国会対応をめぐって意見を交わしました。

そして、2週間に1度のペースで両党の幹部が出席する会合を開くなど、連携して対応していく方針を確認しました。

また、旧統一教会との関係が指摘されている細田衆議院議長に対し、引き続き説明責任を果たすよう求めていくことになりました。

会談のあと、安住氏は「連携の枠組みができたことは大きな前進だ。違いを尊重しながら情報を共有して、与党に対するアクセルやブレーキを一緒に踏んで、緊張感のある政治を実現したい」と述べました。
また、遠藤氏は「増税議論ばかりしていると、国民生活を全く理解していないことになる。生活を守り、将来の不安を払拭(ふっしょく)するために、現実的な話をしていきたい」と述べました。