国会きょう召集 防衛費などめぐり序盤から激しい論戦の見通し

第211通常国会が23日に召集されます。政府・与党は、物価高騰への対応や防衛力の強化などに向けて、新年度予算案の早期成立を目指す方針です。これに対し野党側は、防衛費増額に伴う政府の増税方針などを追及する構えで、序盤から激しい論戦が展開される見通しです。

召集日の23日は、天皇陛下をお迎えして開会式が行われたあと、衆参両院の本会議で、岸田総理大臣による施政方針演説など政府4演説が行われます。

施政方針演説で岸田総理大臣は、子ども・子育て政策を最重要政策に位置づけ、次元の異なる少子化対策を実現することや、5年間で43兆円の防衛予算の確保を通じ、防衛力の抜本的な強化を進める方針を示すことにしています。

政府・与党は、新型コロナや物価高騰への対策の費用などを盛り込んだ新年度予算案の年度内成立を図るとともに、脱炭素社会の実現に向けて原発の運転期間を実質的に延長し、最大限活用することなどを盛り込んだ法案などの成立を目指す考えです。

これに対し、野党側は、岸田政権は国会での議論を行わずに重要な政策を次々に決めていると批判を強めていて、防衛費増額に伴う増税の方針や原発の活用を含む今後のエネルギー政策などを追及する構えです。

また、去年の臨時国会で岸田内閣の閣僚が相次いで辞任したことを受けて、政治とカネの問題や、旧統一教会と政治との関係などをただしていく方針です。

通常国会の会期は、6月21日までの150日間で、4月に統一地方選挙を控える中、通常国会は序盤から与野党の激しい論戦が展開される見通しです。