【気象予報士解説】この冬一番の寒気 警戒すべきポイントは?

冬型の気圧配置が強まるため、24日から今週木曜日の26日にかけてこの冬一番の非常に強い寒気が流れ込んで北日本から西日本の広い範囲で気温が平年より低く、大雪となるおそれがあります。今後の情報に注意して、早めに雪や低温への備えを進めるようにしてください。

今後の見通しと注意点について、南利幸 気象予報士の解説です。

(動画は3分12秒。データ放送ではご覧になれません)