静岡 沼津 保育事業所で不適切な保育 市が立ち入り監査へ

静岡県沼津市の保育事業所で去年、所長と保育士数人が0歳児のほおを引っ張ったり、園児の顔に落書きしたりするなどの不適切な保育を行っていたことが分かりました。沼津市は立ち入り監査を行うなどして、詳しい状況を調べることにしています。

沼津市によりますと、市内の保育事業所で去年4月から10月にかけて、所長と保育士数人がそれぞれ、0歳児のほおを引っ張ったり、園児の顔に水性ペンで落書きをしたりしたほか、イベントでお面を怖がって泣く園児をさらに追い回したうえ、これらの様子を撮影し、メッセージアプリを使って保育士など職員どうしで共有していたということです。

20日、保育事業所を運営する会社の事務長と保育士が、不適切な保育が行われていると市に報告し、21日、市の職員が保育事業所に行って、ほかの保育士からも行為を確認したということです。

市によりますと、行為を行ったとされる保育士は20日夜の職員会議で不適切な保育を認めたということですが、市は、所長や、行為を行ったとされる保育士から直接、話は聞けていないということです。

市は今月中にも児童福祉法に基づく立ち入り監査を行うなどして、詳しい状況を調べることにしています。

沼津市の頼重秀一市長は「市内の保育事業所で不適切な保育が行われたことは大変遺憾だ。法令に基づき、適切な指導と監督を実施する」とコメントしています。

この保育事業所は「地域型保育事業」として市の認可を受けた施設で、沼津市は少人数の保育事業所だとして施設名を公表していません。

運営会社 事務長「あってはならないこと」

不適切保育を行った保育事業所を運営する会社の事務長がNHKのインタビューに応じ「所長や保育士らはいずれも子どもたちが喜ぶので顔に落書きしたり、変顔と称してほおを引き延ばしたりしたが、写真を撮影しながらそうした行為がエスカートしてしまったと説明している。不適切保育はあってはならないことで、保護者の不安を招かないよう再発防止として室内にカメラを設置して保護者がネット上で見られるようにしたい」などと話しました。