24~26日にかけ この冬一番の非常に強い寒気 雪や低温へ備えを

冬型の気圧配置が強まるため、今週火曜日の24日から木曜日の26日にかけて、この冬一番の非常に強い寒気が流れ込んで、北日本から西日本の広い範囲で、気温が平年より低く、大雪となるおそれがあります。今後の情報に注意して、早めに雪や低温への備えを進めるようにしてください。

気象庁によりますと、22日は北海道から北陸にかけての日本海側では雨や雪となっていますが、そのほかは高気圧に覆われ、晴れています。

22日の夕方から23日にかけては、低気圧や前線の影響で西から次第に雨や雪となる見込みです。

一方、火曜日の24日から木曜日の26日ごろにかけては、冬型の気圧配置が強まり、日本の上空にはこの冬一番の非常に強い寒気が流れ込む見込みです。

このため、北日本から西日本の日本海側を中心に大雪や荒れた天気となり、九州や四国、東海など太平洋側の広い範囲でも警報級の大雪や暴風雪となる可能性があります。

気温もかなり低くなり、東日本や西日本の各地で最低気温が氷点下となる見込みで、各地で大雪や路面の凍結による交通への影響が出るほか、水道管の凍結などのおそれもあります。

このほか、海上は北日本から西日本の日本海側や沖縄県を中心に、しけとなり、大しけとなるところもある見込みです。

今後の情報に注意して、早めに雪や低温への備えを進めるようにしてください。