ネパールで国内線旅客機墜落 乗客乗員72人中66人死亡確認

ヒマラヤ山脈のふもとにあるネパール中部の観光地の近郊で、15日、乗客乗員72人を乗せた国内線の旅客機が墜落し、ネパール軍によりますと、これまでに66人の死亡が確認されました。

ネパールの航空当局によりますと、15日午前11時ごろ、日本時間の午後2時ごろ、首都カトマンズからヒマラヤ山脈のふもとの中部の観光地ポカラに向かっていた、ネパールのイエティ航空の国内線旅客機が墜落しました。

旅客機が墜落したのはポカラの空港からおよそ3キロ離れた渓谷とみられ、現地からの映像では、機体が原形をとどめないほどばらばらに壊れ、黒い煙が激しく立ち上る中、消火活動が行われている様子が確認できます。

旅客機には乗客乗員合わせて72人が乗っていて、ネパール軍によりますと、これまでに66人の死亡が確認されたということです。

乗客の中には複数の外国人が含まれていますが、首都カトマンズにある日本大使館によると、日本人が乗っていたという情報は今のところないということです。

ネパールではこれまでもたびたび旅客機の墜落事故が起きていて、航空当局が墜落の原因を調べています。

新型コロナウイウルスの感染拡大を受けて、ネパールでは外国人観光客が大きく減っていましたが、最近は国内外からヒマラヤ山脈の登山客などが戻り始めていました。

到着予定だったポカラとは

ネパール中部のポカラは、首都カトマンズから西におよそ200キロに位置する都市です。

旅行会社のホームページなどによりますと、カトマンズよりも標高が低く温暖で、ヒマラヤ山脈のふもとにあり湖のほとりで山々の景色を楽しめることなどから、多くの人が訪れる人気の観光地です。カトマンズからは飛行機でおよそ30分で行くことができます。

また、この時期は乾季で晴れの天気が続くため、訪れるには最適なシーズンだということです。

ネパール 気流が不安定でたびたび航空機事故が

ヒマラヤ山脈の観光が人気の山岳国ネパールでは、陸路での移動が困難な場所も多く空路が重要な移動手段ですが、気流が不安定なうえ天候が変わりやすいため、これまでにもたびたび航空機の事故が起きています。

去年5月にポカラを離陸した民間の航空会社「タラ航空」の小型旅客機が墜落し、乗客乗員合わせて22人全員が死亡し、2016年にも同じ「タラ航空」の小型旅客機が山間部に墜落し、乗っていた23人全員が死亡しました。

また、2018年には7人が乗ったヘリコプターが墜落して日本人男性1人を含む6人が死亡しました。